AIがバッキバキに本気を出してきた時代の価値の変化

投稿日:2023.01.20 / 西野亮廣エンタメ研究所

※この記事の内容は外部に発信していただいて大丈夫です。




バンドごとにファンの名称があるみたいなので、バンドザウルスではファンのことを「肉」と呼ぶことに決めたキングコング西野です。

さて。
今日は『AIがバッキバキに本気を出してきた時代の価値の変化』というテーマでお話したいと思います。

完全に悪フザケで始めた恐竜バンド『バンドザウルス』結成2日目にしてヒョッコリ生まれた仮説です。

 

AI先生が本気です
 

まさか二日連続で『バンドザウルス』の話になるとは思いませんでしたが、今日もバンドザウルスの話です。

昨日、「全員、恐竜の着ぐるみを着た恐竜バンド『バンドザウルス』を結成したよー」というお話をさせていただきました。

その裏で、DAOを運営している「スタッフたけだ」に、「DAOの皆さんに、バンドザウルスのビジュアルをAIアートで描いてもらってー」と投げていました。

去年の夏に世界中に衝撃を与えたAIアートですが、その後、アップデートが繰り返され、今はもうとんでもない仕上がりになっています。

おかげで、“まだメンバーすら集まっていない『バンドザウルス』のアーティスト写真(※めちゃくちゃカッコイイ❤️)”が次から次へと僕のLINEに届いて、仕事なんてやってる場合じゃありません。

そこでまず確信したのは、『バンドザウルス』に関しては、アーティスト写真は「撮るもの」ではなく「(AIで)生成するもの」になっているということ。

衣装さんやメイクさんやカメラマンさんなどを雇わなくても良さそうです。

DAOメンバー×AIによって、『バンドザウルス』のアーティスト写真は無尽蔵に生成され続けるので、『バンドザウルス』の公式Instagramは自走しそうです。

【バンドザウルス公式Instagram】
https://instagram.com/band_saurus?igshid=YmMyMTA2M2Y=

DAOの皆様にお願いしたいことは、バンドザウルスのアーティスト写真の生成(時々、プライベートカットも)と、バンドザウルスの公式Instagramの運営です。
#時々メスザウルスもいると助かります

テキストは、極力短めの英語の名言を貼っつけておいて貰えると嬉しいです。
#更新ペースは探りましょう

さて。

「AIでバンドザウルスのビジュアルを作ってもらっていいっすか?」と投げたら、わずか数分後にはポンポンと上がってくる時代です。
それも、これまで本格的なクリエイティブ活動の経験がない小学生や主婦が、プロ顔負けのクオリティーで。

この後、ボーカルの声をAIで生成して、ゆくゆくはChatGPT(質問に答えてくれるAI)のテキストを、AIで生成したバンドザウルスのボーカルが読み上げてくれる仕組みさえ作れば、完全に「人格」が作れそうです。

物語も作曲もAIが作り、プログラムもAIが書いてくれる時代です。
AIがアプリを作る日もそう遠くなさそう。

「生成」が身近になり、嫁子供が創造できる時代になりました。

となると、「世界はどんな形になるのかなぁ?」と昨日考えてみたのですが、かなり高い確率でありえる展開として、『新作(オリジナル作品)のコモディティ化』が起きそうです。

誰でもかれでも「新作」を作れるようになり、「新作」が飽和状態になる世界線です。

おそらく『創造』の意味が変わってくるのだと思います。
創造することで食っていく人間は「AIが創造できないもの」を真面目に探す必要があります。

そんなこんなで、「AIが創造できないもの」を探してみたのですが、『思い出』などは創造できなさそう。

以上のことをイイ感じにまとめると、バンドザウルスは新曲を作るよりも、カバー曲を出し続けた方が良さそうです。

昨日、アラフォーの友人に『LINDBERG』を聴かせたのですが、「なつかしー!!」と興奮したはりましたわ。
#関西弁

AIでは、この感情(感動)を生み出すことができないので、ここに次代の価値がありそう。

この曲をバンドザウルスがカバーしていたら、イイ感じっぽくないですか?
https://youtu.be/A5v2SB40VBE

あと、爺ちゃん婆ちゃんに向けて、沢田けんじサン(勝手にしやがれ)とか。
孫と婆ちゃんが一緒に応援できるバンドとか最高だなぁと思っています。

とにかくまぁ今日お伝えしたいことは、「新作のコモディティ化に備えて手を打った方が良さそうだね」であります。

面白い時代になってきました。

現場からは以上です。

【追伸】

https://salon.jp/nishino」を付けて今日の記事の感想を呟いていただけたら、西野がエゴサーチで見つけ出してニヤニヤします。
宜しくお願いいたします。

【西野亮廣最新刊】

『夢と金』(幻冬舎)
https://www.amazon.co.jp/dp/4344040503

【親子で学ぶ!】西野亮廣オンライン勉強会『夢と金』
https://www.picture-book.jp/projects/yume-kane




\公式LINEができました/
▼西野亮廣 公式LINEはコチラ↓
https://lstep.app/q7b4Mlz

※この記事にコメントしたい方はFacebook連携が必要です。
5/22
2024
チラ見せ
ゴッリゴリにヒットを打ちにいく!
5/21
2024
チラ見せ
AIを絡めた制作現場の今
5/20
2024
チラ見せ
ロングラン公演の正しいチケットの売り方
5/19
2024
チラ見せ
ただの日記

ルール

内容はシェア・口外禁止です。

※ただし、投稿から1年が経過した記事はサロンメンバー特典として、
口外 ( コピペ ) OK!でも「右上にマル秘マーク」のあるものは
公開しないようにお願いします。