NFTの可能性を探る

投稿日:2023.02.16 / 西野亮廣エンタメ研究所

※この記事の内容は外部に発信していただいて大丈夫です。


おはようございます。
「週10」でコンサルをしているキングコング西野こと正真正銘のコンサルタントです。
 
さて。
今日は『NFTの可能性を探る』というテーマでお話ししたいと思います。
 
面白い未来の話です。
 
 

まだまだ知らないことだらけ
 

「メリット」や「着地点」などは完全度外視で、「面白そうだしやってみよう」のみでスタートさせたバンドザウルスという活動からは、連日、勉強になることだらけ。
 
僕が10年ほど前に言っていた「全員クリエイター、全員オーディエンス」は、こうしてAIが絡んできた今から振り返ると、まだまだ「夜明け前」だったことが分かりました。
 
「n対n時代(全員クリエイター、全員オーディエンスの時代)において、クリエイターと化したお客さんのニーズを満たすものは何なのか?」
たとえば、そのうちの一つが、昨日の記事で書いた(そして秒速で改善した)『ミニザウルスの親の名前を表記する』で、ああして名前を表記したことで「ウチの子は無事に迎えてもらえるかしら?」「迎えてもらった。やった!!」というクリエイターの感情・感動を生み出しています。
 
それもこれも「オークションサイトを自分達で作った」というのが大きかった。
#自分達で作ったサイトだから自由に書きかえができた
#秒速で対応してくださったスタッフの皆様に感謝です
 
「自分達で作ったコンテンツを自分達で食べる」という自給自足的なエンターテイメントの割合は、今後ますます増えていくんだろうなぁと思っています。
 
 

未来は無料メディアに落ちていない
 

バンドザウルスのおかげで、知らないことを知る日々を過ごさせてもらっていますが、その中で、「未来は無料メディアに落ちていない」ということを再確認しました。
 
いつも僕が面白がることは、ほとんど人気が無いので(皆が興味を持つのは7~8年後)、どの無料メディアにも、ヒントになる情報が落ちていません。
 
具体的な話をすると、新しいことを外に発信しても、世間のほとんどが見ないので、新しいことを外に発信する取り分が少ないから、誰も新しいことを外に発信しない。
 
「DAOメンがAIで生成した画像をNFTで…」と言っても、「は?」という反応を見せるのが世間です。
「そんなことより篠田麻里子はどうなった?」と。
 
なので、新しい情報(未来)はいつも学習意欲の高い人達が集まる有料メディアに投下され、新しい試みをする人は、新しい試みをする人同士で会って、細々と意見交換を繰り返しています。
 
僕自身、制作物をたくさん抱えていて、それなりに大変なのですが、リーダーとして、そういった場所に顔を出し、新しいことをしている人達と出会い、新しい情報を仕入れるようにしています。
 
最近、面白かったのは、「(お財布携帯みたいに)スマホをかざすだけでNFTを取得できる技術」で、テストで『実物の支援メダル』を作ってもらいました。
 
「その(実物の)支援メダルにスマホをピッとかざせば、支援メダルのNFTがウォレットに入る」という感じです。

https://vimeo.com/799353567/1039ee5948
 
これにより、支援メダルを家に飾りつつ、NFTとしてウォレットに入れて持ち歩くことが可能です。
 
オフラインイベントとの相性が凄く良いなぁと思いました。
たとえば、「舞台『テイラーバートン ~奪われた秘宝~』のVIP席のお客様には、NFTとして一生残しておける支援メダル(VIPメダル)を会場で受け渡し」とか。
 
※余談ですが「VIP」を「支援」と捉えると世の中がもう少しだけ優しくなると思います
 
NFTプロジェクトをガンガンやりつつ、定期的にオフラインイベントを仕掛けるCHIMNEY TOWNにとっては、うってつけの技術で、掛け合わせ次第で、いくらでも面白くて優しい世界を作れるなぁと思った次第です。
 
世間の皆さんが今よりもう少しだけ勉強して、爺ちゃん婆ちゃんや、子供達や、挑戦する人達に優しくできるようになったら最高だなぁという期待を持ちつつ、他人に期待したところで何も始まらないのでグイグイ進めていきたいと思います。
 
現場からは以上です。
 
【追伸】
https://salon.jp/nishino」を付けて今日の記事の感想を呟いていただけたら、西野がエゴサーチで見つけ出してニヤニヤします。
宜しくお願いいたします。
 
【西野亮廣最新刊】
 
『夢と金』(幻冬舎)
https://www.amazon.co.jp/dp/4344040503?tag=chimneytown-22
 
【親子で学ぶ!】西野亮廣オンライン勉強会『夢と金』
https://www.picture-book.jp/projects/yume-kane
 
 
 
#バンドザウルス
https://www.ctdao.io/bs/
 
\公式LINEができました/
▼西野亮廣 公式LINEはコチラ↓
https://lstep.app/q7b4Mlz

※この記事にコメントしたい方はFacebook連携が必要です。
2/26
2024
チラ見せ
ボトルジョージのスローヒット戦略
2/25
2024
チラ見せ
『こどもギフト』の振り返りと今後のご報告
2/25
2024
チラ見せ
ただの日記
2/24
2024
チラ見せ
企画を磨き続ける

ルール

内容はシェア・口外禁止です。

※ただし、投稿から1年が経過した記事はサロンメンバー特典として、
口外 ( コピペ ) OK!でも「右上にマル秘マーク」のあるものは
公開しないようにお願いします。