イニシャルコストとランニングコストを丁寧に考える(実践編)

2022.10.10 投稿
西野亮廣エンタメ研究所

※この記事の内容はまだ口外しないでください。


おはようございます。
「ウォーキング・デッドって、なんであんなに続いたと思う?」と聞かれたので、「主人公達がゾンビ対策を学習しないから」と答えておいたキングコング西野です。
 
※今日の記事の中に、ネットショップが一つ登場しますが、こちらはテストページなので、くれぐれも購入しないでください。購入されても対応はできません。
 
さて。
今日は『イニシャルコストとランニングコストを丁寧に考える(実践編)』というテーマでお話ししたいと思います。
 
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』は、「ウチの社員にも読ませたい」という経営者さんからのご要望にお応えして、法人会員(※会社のメアドだけでログインできる)をやっております。
現在、契約企業が約200社ほど。
#意外と需要があるみたい
 
というわけで、今日は「社員さん向け」の内容になります。
経営者(個人事業主)さんからすると退屈な回になるかもしれませんが、復習がてらお付き合いいただけると嬉しいです。
 
それでは、本題です。
 
 

最初はイニシャルコストを下げろ
 

ウチも学生インターンをよくとっているので、若手スタッフが踏みがちな地雷は把握しております。
以前もお話ししましたが、「会社を経営したことがない人」は、『利益』に関してはトコトン無頓着です。
「与えられたことをやること」が仕事になっていて、「利益(価値)を生むこと」という発想がスッポリと抜け落ちている。
しかしながら、会社経営者となると、1日24時間働こうが、利益(価値)を生まない限り、1円も貰えません。
 
経営者にとっての仕事とは「利益を生むこと」であって、「働くこと」ではありません。

この続きをみるには

オンラインサロン
西野亮廣エンタメ研究所
1/29
2023
チラ見せ
常に新しいことに挑戦し続ける
1/29
2023
チラ見せ
とくに学びもオチもない日記をお届け
1/28
2023
チラ見せ
同世代のコーヒー農園生産者さん
1/28
2023
チラ見せ
また出たっ!いいかげんにしろっ!西野亮廣の朝令暮改

ルール

内容はシェア・口外禁止です。

※ただし、投稿から1年が経過した記事はサロンメンバー特典として、
口外 ( コピペ ) OK!でも「右上にマル秘マーク」のあるものは
公開しないようにお願いします。