徹底的に競わない

2021.03.17 投稿
西野亮廣エンタメ研究所

※この記事の内容は口外しないでください。


見出し画像おはようございます。

近所の町内放送の音がボワンボワンしすぎて、過去10年間で一度たりとも内容を聞き取れたことがないキングコング西野です。

さて。

『徹底的に競わない』というテーマでお話ししたいと思います。

 

ずっと作っています

『映画 えんとつ町のプペル』は、来月(4月1日)に台湾で公開されて、予定通りいけば、5月に韓国で公開されます。

各国の映画配給会社からオファーをいただいていて、現在、挿入歌を世界用に微調整中。

今だと「Netflixで…」という選択肢もありますが、身を粉にして走り回ってくださったスナップさんが「それでもこの作品は映画館で流したい!」と言っていて、『映画 えんとつ町のプペル』は彼の作品でもあるわけですから、その想いに乗ることにしました。

したがって、各国の公開は「その国のコロナが落ち着いてから」という形をとることになります。

「皆の大切な作品なので、慌てずにいこう」ということで話がまとまっています。

コロナの影響でストップしてしまっている海外のプロジェクトはいくつかあります。

ブロードウェイミュージカルや、フィリピンの移動遊園地&スラム街支援。

ラオスの雇用創出は、緊急事態宣言明けの東京で、コーヒーショップがオープンするので(たしか4月1日)、ジワジワと進んでいます。

エッフェル塔の個展を終え、「よし、これから」というタイミングでしたので、一見、世界戦の出鼻をくじかれたように見えますが、ブロードウェイミュージカルが延期していなければ、僕があらためて脚本&演出を担当することにもなっていなかったので、結果オーライかなぁと思っています。

「人事を尽くして天命を待つ」と言いますが、とにかく今は、「今、全力でやれること」をやって、タイミングを見る時期なんだろうなぁと思っています。

そんなこんなで、ここ最近の西野亮廣は朝から晩までアトリエに籠りっぱなし。

今日は少し外に出ますが、それも次のプロジェクトの打ち合わせです。

11月8日に仕掛ける「例のアレ」の打ち合わせのあとに、「旅館」の打ち合わせと、「ミュージカル」の打ち合わせが入っています。

※「ミュージカル」の打ち合わせは生配信(アーカイブに残ります)があるので、興味がある方はコチラから是非→https://nishinoinc.thebase.in/items/41207894

そんなこんなで本題です。

(※ここから先の内容に関して感想を呟いてくださるのは最強に嬉しいですが、固有名詞などは出さないようにお願いします)

この続きをみるには

オンラインサロン
西野亮廣エンタメ研究所
1/29
2023
チラ見せ
常に新しいことに挑戦し続ける
1/29
2023
チラ見せ
とくに学びもオチもない日記をお届け
1/28
2023
チラ見せ
同世代のコーヒー農園生産者さん
1/28
2023
チラ見せ
また出たっ!いいかげんにしろっ!西野亮廣の朝令暮改

ルール

内容はシェア・口外禁止です。

※ただし、投稿から1年が経過した記事はサロンメンバー特典として、
口外 ( コピペ ) OK!でも「右上にマル秘マーク」のあるものは
公開しないようにお願いします。