西野亮廣エンタメ研究所の軌跡

西野亮廣エンタメ研究所の軌跡
西野亮廣エンタメ研究所は、
オンラインサロンの会費を活動資金にして、
さまざまなプロジェクトに挑戦してきました。
そこで、主催者である西野亮廣が
歩んできた軌跡を紹介します。
西野25歳、独学で絵本を描きはじめる

    お笑いコンビ“キングコング”としていくつもの冠番組を持ち、タレントとしては絶好調の25歳の時に、芸能界では先輩達が大勢いるため、突出した存在になれないという思いを持つ。

  • そこで、別のルートで突き抜けようとレギュラー以外の仕事を全部やめて、全く経験も興味もなかった絵本の世界に飛び込む。プロの絵本作家に勝つくらいのものを作ると決め、自分はプロの絵本作家と比べて画力もなく、出版のノウハウやコネもツテもないが、副業だからこそ無限に時間をかけることができると気づく。そこで、文房具屋に行って一番細いペンを買い、今までテレビ番組出演などにかけていた時間をすべて費やして、独学で絵を学びながら緻密な絵を描きはじめる。

    ▶︎ Youtubeはこちらから
初めてニューヨークで個展を開催

    以前から狙っていた海外進出を本格的に始動させるべく、いままで描いた3作品の絵本の原画140点を持ってニューヨークに乗り込むことを開催日1ヶ月前に決意。

  • まだ日本でクラウドファンディングがそこまで馴染みのない中、初めてクラウドファンディングで出資を募る。目標金額を大幅に超えて達成し、2013年2月にニューヨーク・トライベッカのOne Art Spaceで初の海外絵本絵画展「Akihiro Nishino Solo Art Exhibition」を開催。3日間で1800人集客する。ここからクラウドファンディングのノウハウが溜まりはじめる。

“世界で一番楽しい学校”
「SA-CUS」開始

    学生時代勉強が苦手だった西野が、「勉強は楽しい時ほど勉強効率が上がるのだから、学校こそ極限までショーアップすべきだ」という思いからスタートしたイベント「SA-CUS(サーカス)」。

  • “世界で一番楽しい学校”をコンセプトに勉強の楽しさを大人に再認識してもらうべく、西野が校長となって学校をエンタメ化。お笑い芸人をはじめ、実業家や本物の学校の先生まで、あらゆる分野のエキスパートたちが美術や照明、音楽が作り込まれた中で授業を繰り広げる。2014年からはじまり、いまや毎回チケットが即完売する人気イベントに。サロンメンバーが会場作りを手伝うことも。

西野が唯一参加する忘年会!?「天才万博」

    西野が発案し、ホームレス小谷が主催する“天才であること”だけが出演者の条件の音楽フェス「天才万博」。2014年より東京キネマ倶楽部で毎年年末に開催されている。

  • 出演者目当ての集客は期待していないため、すべてのチケットを主催者や観客が手売り。知らない曲をどう盛り上げるかが観客の仕事となり、演者と観客の境界線は曖昧で、全員がクリエイターで全員がオーディエンス。多幸感溢れる空間は、一人で来ても子連れでも楽しめる。西野が唯一参加する忘年会で、エンタメ研究所の忘年会でもある。

渋谷のハロウィン翌日のゴミ拾い

    ハロウィンパーティーで渋谷に集まった人々が捨てたゴミが問題になり、それならゴミが出ることを逆手にとって、ハロウィン翌朝に“ゴミがないと成立しないイベント”を新しく作ればいいという発想から生まれたゴミ回収プロジェクト。

  • 事前に募ったボランティアスタッフと朝6時から一斉にゴミ拾いを開始し、その後ゴミを再利用してトラッシュアートを制作。区長や一部企業、約500人の一般人を巻き込む異例の課題解決法が評価され、広告賞を受賞した。しかも、“アンチ西野”によって事前にゴミ拾いがされていたことも話題になった。2019年にはハロウィン翌日にサロンメンバーとゴミ拾いをした後にサロンメンバーの店で呑み歩き。エンタメ研究所の定番イベントにしようと企てている。

前身となる
『秘密結社おとぎ町商工会』
スタート
次々とビジネス書を出版

    2016年、自身の経験をもとにした初のビジネス書『魔法のコンパス~道なき道の歩き方~』(主婦と生活社)を発売し、発行部数10万部のヒット。

  • 2017年に発売した『革命のファンファーレ~現代のお金と広告~』(幻冬社)は発行部数15万部を超え、エンタメ研究所にも注目が集まる。その後も、『バカとつき合うな』(堀江貴文との共著、徳間書店)、『新世界』(KADOKAWA)、『新・魔法のコンパス』(KADOKAWA)と次々に発売し、累計50万部を突破。お金を稼ぐのではなく、信用を稼ぐことの重要性とその方法を説いた内容は、ビジネスパーソンをはじめ幅広い層に共感を得る。

絵本『えんとつ町のプペル』出版

    なぜ絵本は一人で描くのだろうかと疑問が湧き、映画のように得意分野を活かして超分業制で絵本を作ってみたら面白いと思いつく。前例のないこの取り組みのためにかかる莫大な制作費は、クラウドファンディングを使って資金を調達。

  • 西野をプロデューサーとして、イラスト・着色・デザインなど総勢33名のクリエイターによる分業体制で4年半をかけて制作し、2016年に『えんとつ町のプペル』(幻冬舎)を発売。5000部でヒットと呼ばれる絵本業界で、69万部(2021年2月現在)を超える異例の数字を叩き出す。クラウドファンディングで集めた宣伝費を使い、西野個人で絵本発売を告知する新聞広告を出稿したことも話題になった。

絵本『えんとつ町のプペル』
無料公開

    絵本『えんとつ町のプペル』を発売から3ヶ月も経っていない中、「(販売価格の)2000円は高くて買えない」という小学生からの意見を受けて、「お金なんて取っ払ってしまおう」と決断。

  • 突然全ページをインターネットで無料公開し、賛否両論を呼ぶ。一冊も売れなくなってしまうかと思いきや、絵本の内容をしっかり把握してから子どもの絵本を選びたい、フルカラーの絵本だからこそ書店で手にとってみたいという心理をつき、結果的に絵本の売り上げにも貢献。無料からお金を生み出すフリーミアム戦略として評価される。

前身となる
『秘密結社おとぎ町商工会』
から
『西野亮廣エンタメ研究所』
に改名

改名した理由は「サロン名で、活動内容が伝わった方がいいから」
「しるし書店」「レターポット」
「スナック『キャンディ』」

    1文字5円で購入したポイントを使って、気持ちを伝えたい相手に手紙(レター) を贈ることができるサービス「レターポット」。店主が本を読んで気になった部分に”しるし”を入れた世界に1冊だけの古本を売り買いできる「しるし書店」。

  • 西野が疑問や課題に感じたことをエンタメ研究所で議論と実験を繰り返し、クラウドファンディングで資金を調達しながら、新たなサービスが続々と生まれはじめる。一緒に働くスタッフはサロンメンバーからヘッドハンティングされることもある。ほかにも、全国20店舗以上で展開している会員制のスナック「キャンディ」のオーナーなど、コミュニケーションを楽しむ場づくりも行う。

エンタメ研究所から
リベンジ成人式をプレゼント

    振り袖の販売・レンタル業者「はれのひ」の事件のニュースを知ったスタッフから「何かしましょう」と言われた西野が、被害に遭った新成人のために成人式を企画。「あらためて新成人を祝う会」と名づけ、横浜港大さん橋国際客船ターミナルで開催した。

  • 振り袖を無料で提供したほか、着付けとヘアメイク、プロのカメラマンによる写真撮影も無料。さらに、クルージングディナーをプレゼントし、成人式に参加できなかった新成人約100人と同伴者が参加した。西野の呼びかけで、多くの大人たちの力が加わり、スタッフら約200名、ボランティアスタッフ約100名などの手により執り行われ、大きな話題となる。サロンメンバー数百名もスタッフとして参加した。

    ▶︎ 詳細はこちらから
クラファンで一億円を調達
日本人初、エッフェル塔で
個展開催

    サロンメンバーと一緒に仕掛けた「チックタック ~光る絵本と光る満願寺展~」が評判を呼び、東京タワーとパリのエッフェル塔で、それぞれ個展を開催。エッフェル塔にて個展を開催するのは、日本人アーティスト初の快挙で、2日間で6千人を超える来場者が訪れた。

  • 実はフランス国内外のアーティスト全体を見てもこのような展示の前例はなく、パリの地元民からも大きな関心が集まったという。塔内1階のガラスで覆われたサロン内に、『えんとつ町のプペル』『チックタック 約束の時計台』2冊の絵本の挿絵全82枚を展示。各国語で出版された本を閲覧できるコーナーやARとVRのコーナーも設置された。サロンメンバーも展示の運営に参加した。

日本全国で続々と
えんとつ町の世界観の店がオープン
ラオスに小学校建設、
「こどもギフト」

    国内外の子どもたちや子どもの教育環境に支援をし続けている西野。2020年には、ラオスに小学校を建設。『チックタック ~約束の時計台~』という絵本を描く際に物語のイメージの舞台となるラオスの山奥「ララ村」へ訪れたのが縁で、絵本の印税で建てられた。

  • 新しくできた学校には『School of POUPELLE』のロゴが掲げられている。ほかにも、世界の子どもたちに絵本を贈るプロジェクト「えんとつ町のプペル『こどもギフト』」を立ち上げ。オンラインサロンのシステムを使い、毎月2000円の定額で受付ける寄付をもとに、毎月会員一人につき1冊の絵本をスタッフが責任を持って現地の子どもたちに届けている。

ミュージカル『えんとつ町のプペル』
オンライン公演

    もともとは元・劇団四季のサロンメンバーが、「ブロードウェイで『えんとつ町のプペル』のミュージカルを仕掛けたい」というメッセージを西野に送ったことからはじまった、ミュージカル版『えんとつ町のプペル』のプロジェクト。

  • 2020年夏にニューヨーク・オフブロードウェイの劇場で公演予定だったものの、コロナによって上演が絶望的に。そこで、クラウドファンディングで資金を募り、劇場公演に代えて2日間の配信スタイルで全90分の映像作品として公開。クリエイターとキャストたちは自宅からリモートで話し合いや稽古を重ね、出演者それぞれの自宅で動画を撮影、最終的に一つの映像作品に作り上げた。

HYDE出演、蜷川実花監督の豪華MV エキストラはサロンメンバーから募った。
大勝負!映画『えんとつ町のプペル』公開

    西野がついに絵本『えんとつ町のプペル』をアニメーション映画化するという大勝負に出る。西野自ら製作総指揮・脚本を手がけ、絵本では描かれなかったえんとつ町の“本当の物語”を描き出した。....

  • 声優は窪田正孝、芦田愛菜、立川志の輔、小池栄子らが名を連ねるほか、オープニング主題歌にHYDE、エンディング主題歌にはロザリーナが参加。全国の映画館を回り、ファンとの鑑賞会を開催するなどの地道な活動や、スマートフォンアプリを使用した西野による副音声付き上映などを仕掛け、公開以来5ヶ月以上のロングランを記録し、観客動員173万人、興行収入23億円のヒット。第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞した。
    アニメーション制作:STUDIO4℃ / 配給:東宝=吉本興業 / 製作:吉本興業株式会社

西野亮廣エンタメ研究所の
これから

    映画『えんとつ町のプペル』は海外から続々とオファーがきており、4月に台湾で公開、そして韓国でも公開。ミュージカル『えんとつ町のプペル』のプロジェクトも国内外で進行中。映画『えんとつ町のプペル』から3年後の「えんとつ町」の物語を描いた『みにくいマルコ ~えんとつ町に咲いた花~』も5月に発売。

    今後もオンラインサロンの売り上げをもとに、地方創生、災害支援、貧困問題、お金の教育など、世の中の問題をエンタメで解決していこうと、「おもしろいこと」を続々と企画中。

    サロンに参加して、
    世の中におもしろいものを
    増やしていくプロジェクトの
    目撃者になろう!